郷土料理 くらわんかKurawanka

日本各地より、おふくろの味をお楽しみください


東京都新宿区新宿3-36-6 大安ビルB1・B2
03-3352-5111
平日11:30~14:30、17:00~23:30  土曜15:00~23:30  日祝15:00~22:30

年中無休
年末年始・夏期旧盆除く

オフィシャルサイト



名店会ファイル

2016年10月号掲載 FILE No.220

※内容は掲載当時のものです。メニュー内容・価格等については、各店舗にお問い合わせください。


 新宿駅中央東口前に誕生して今年四十年目を迎えた「郷土料理 くらわんか」。全国から届く旬の素材を使った料理と、地酒や焼酎を、東京にいながら楽しめる店として連日盛況。
 「石臼手作り さつま揚げ」、「沖縄豚のラフテー」(共に九百十八円)など通年用意されている料理のほか、夏は「ゴーヤーチャンプルー」をはじめとした沖縄料理、冬は鍋ものが定番。そのほか「三陸路」「土佐路」など、各地の郷土料理を月替わりで提供、工夫を凝らした料理がメニューに並ぶ。十月は、干貝柱の出汁で仕立てる冷たい煮物「のっぺ」(九百十八円)、「栃尾の油揚げ焼」(四百三十二円)などを組み込こんだ「越後路コース」(五千四百円)で新潟の美味を堪能できる。またこの季節、「秋刀魚の刺身」(九百十八円)を楽しみにしている人も多いという。十一月は愛媛から、じゃこ天、茹でうちわ海老、ほうたれ鰯の天ぷらなど、十二月は恒例のアンコウ鍋やクエ鍋などが登場する。
 ランチは、月替わり・日替わり定食(九百八十円~)などで、ご飯・豆富・サラダ・コーヒーが食べ飲み放題。土・日・祝日限定のお得なコース三千五百円(十五時~)は、同窓会や法事などにもおすすめだ。
 なお、今秋には、四十周年を記念して、特別メニューやコース料理を予定している。
 シニアソムリエの安田オーナー自ら料理に合わせて厳選するワインや地酒も充実している。
 テーブル個室(十名~六十名)、掘りごたつ個室(三名~十名)があり、落ち着いた四畳半個室から大宴会場まで室料がかからず、大切なお席にもコース料理での利用ができる。

 


郷土料理 くらわんか
代表取締役社長 安田眞一さん
おすすめ




柿傳ギャラリー

「くらわんか」と道を挟んだ「京懐石 柿傳」が入る安与ビルの地下二階にある、陶磁器を中心に展示・販売する和モダンなギャラリー。工芸の「今」を問う企画展を、年間三十回以上開催。
■10月14日(金)~10月20日(木)
 「復刻 くらわん会 作陶展」
■10月24日(月)~10月30日(日)
 「アーグネス・フス 陶展」
■11月2日(水)~11月8日(火)
 「チーム九谷 茶陶展」
■11月11日(金)~11月17日(木)
 「浅見 五祥 作陶展」
【開館時間】11時~19時 (会期中無休・入場無料。最終日17時まで)
03(3352)5118

掲載記事


お知らせ・イベント アーカイブ