ワセカツ! 奏す庵Wasekatsu! Sosuan

大人のファストフード


東京都新宿区早稲田鶴巻町555-19 鶴屋ビル1F
03-6302-1648
11:00~15:00、17:00~22:00(L.O.)

火曜日・水曜日・年末年始


オフィシャルサイト



名店会ファイル

2017年9月号掲載 FILE No.231

※内容は掲載当時のものです。メニュー内容・価格等については、各店舗にお問い合わせください。


 福井ではソースカツ丼こそが「カツ丼」として定着している。それは、早稲田鶴巻町にあった「ヨーロッパ軒」のご主人が創案したソースカツ丼を、一九一三年に東京で開かれた料理発表会で披露し、店で出し始めたが、関東大震災により福井に店を移し、広く根付いたことに所以する。
 「奏す庵」店主・森武彦さんは、かねてから携わっていた仕事の中で、「和文化」を世界へ発信したいとの想いが募るようになり、昨年五月、故郷の福井で親しんでいたソースカツ丼の専門店を、発祥の地早稲田に開店することとなった。森さんの考える「和文化」とは、まさにソースカツ丼が生み出されたような、外からのものを和の土壌に取り込んで昇華させる日本独自の文化のことだという。
 看板商品は、肉の味わいを楽しむ「厚カツ」と、特製ソースの味がよくわかる「薄カツ」を、和風の調味料を忍ばせた甘口ウスターソースにたっぷり浸して丼に盛った「ワセカツ!丼」(九百八十円)。そのカツを別々に盛った「あつ丼」「うす丼」(共に九百三十円)に、「ひれ丼」(千三百八十円)。さらに夜のメニューには、叩いて薄く延ばした「わらじ丼」、「めんち丼」(共に千二百三十円)が加わる。御飯や味噌は福井より直送。一品料理と福井の地酒を味わいながら、丼が出来上がるのを待つのもいい。また今夏より夜のメニューに、海老と野菜を洋食のカツに仕立て、揚げ立てを出すコース(三千二百円)も登場。揚げる際に特殊な器具を使うことで、殆ど油の匂いがしない軽い揚げ上がりになり、女性や年配客にも好評だ。
 早稲田鶴巻町東交差点すぐ。カウンター十三席。

 


奏す庵
代表取締役 森武彦さん
おすすめ品




弁当三種

 人気の丼三種を弁当に仕立てたもの。ちょっとした集まりや差し入れにも好評だ。近隣への出前は「UberEATS」の専用アプリを利用して注文が可能。また、予め店に電話で注文しておくと、店頭で直接受け取ることもできる。
【価格】
「ワセカツ!丼」千二百円
「メンチカツ弁当」千五百円
「ヒレカツ弁当」千六百円
※数量が多い場合は、予めご相談を。

掲載記事


お知らせ・イベント アーカイブ