南 美希子

エッセイスト・コメンテーター

ろくごう

自宅のような寛げる空間で
客人をもてなすおばんざいと酒

 舌の悦楽とホスピタリティを求めるのであれば、店選びにさほど苦労はしない昨今の東京である。が、団欒をメインディッシュにし、静かで落ち着いた空間で品数豊富な家庭料理を味わえる店を探すとなると、そう易々とは思い浮かばない。恵比寿駅に程近いこの「ろくごう」は、多忙を極める女性経営者が、打ち上げや商談、密談などで気の置けない人々と身体に優しく家庭的で美味しい料理を食する場が欲しいという自らの願望を形にした店だ。

 紹介制というハードルはあるが、自宅のような寛げる空間で、多種多様のおばんざいと選りすぐりの酒で客をもてなしたいという思いが容易に叶うのだ。店を貸し切りたい、お気に入りの酒を持ち込みたい、要望に沿った料理を用意してほしい(イタリアンやパーティー料理といった希望にも応えてくれるそうだ)などの客のわがまま放題も、早めに伝えさえすればOKという何とも有り難い店だ。

 基本のコースは週替わりだというが、例えば、きんぴらやポテトサラダなどの5品のおばんざい、昔懐かしいスパゲティナポリタン、特製メンチカツ、和牛のたたきと続く。メヒカリの唐揚げや煮魚の日もあるらしい。お酒の品揃えも豊富で、特に第65代横綱・貴乃花がプロデュースした「貴乃花」はキレ、芳醇な香り共に申し分なく、料理を華やかに引き立ててくれる。料理のシメは釜炊きご飯と味噌汁と香の物。これにデザートがつく。

 特筆すべきはご飯の友で、こちらが魅力的極まりない。新潟から取り寄せた卵黄がひと際濃い生卵。自家製いくらと梅干し。たらこの産地として名高い北海道は虎杖浜(こじょうはま)の生たらこ。しらすとくるみの佃煮・紫蘇入り青唐辛子味噌も同じく自家製で、いずれも何回でもお代わりしたくなる。ご飯の友の中からお好みのものをお持ちしますと言われ、ここでもわがまま全開で全てお願いすることにした。とっておきのおかずで銀シャリを頬張る至福がここにはある。

 料理にさらなるイベント性を求めるならば、きりたんぽや水炊きなど、鍋物も用意できるそうだ。最近では自前で蟹を持ち込み、カニ鍋をオーダーした強者もいたそうで、わがままを言ったもの勝ちのようなところがこの店にはある。

 店名の「ろくごう」は富士山の6合目のことだそうで、常に頂上を目指し続ける謙虚さを忘れないため、とのことである。

東京都渋谷区恵比寿西1-13-6 ブラッサムZEN2階
TEL 03(6277)5501