フランス料理の新店

noura

フランス料理好きの心をくすぐる
丁寧に作られた美しい味

 浅草の名店『オマージュ』の荒井昇シェフが、同店の裏に新しく開いた店。子ども連れの家族からカップル、70代くらいの女性まで、様々な方がそれぞれに食事を楽しんでいて、その幸せな光景に心が和む。

 昼2000円、夜3800円・5800円(税・サ別)のプリフィックスメニューで、アラカルトも各種揃う。料理はいずれも丁寧に作られた美しい味である上に、付け合わせにも軽いひねりが加えられていて、フランス料理好きの心をくすぐる。

 突き出しは、ふっくらと膨らんだパンケーキ。メープルシロップとパンケーキのおなじみの喜びに、トリュフが香り、熱々を噛めばふんわりと歯が包まれて、もうそれだけで幸せがやってくる。

「北海道産生ウニのシャンパンゼリー寄せ 牡蠣のムース添え」は、牡蠣のムースもさることながら、冷たさの中に牡蠣の滋養を詰め込んだ牡蠣のソルベが素晴らしい。牡蠣を開けた時に出るジュースを凍らせて、パコジェットにかけたものだという。

「ダニエルキャスタンのフォアグラ」は、フォアグラの上質な脂の香りを、「テット・ド・ポーのクロメスキ」は、カリリと揚げた衣の中から、コラーゲンの甘みに溢れた豚肉の詰め物が現れ、その食感の対比を楽しむ。「石田めん羊牧場の仔羊と手亡豆(てぼうまめ)のトマト煮込み」は、ほろりと崩れる仔羊の滋味と豆の甘みが、しみじみとうまい。

 元々賄いで作っていたものをメニューに載せたという「魯肉飯」もいい。

 香菜の香りがパイナップルの甘みに寄り沿い、熱帯地の幻影を漂わすエキゾチックな魅力の「ゴールデンパイナップルのコンポート パイナップルとコリアンダーのシャーベット」など、デザートも秀逸。

●noura 
東京都台東区浅草4-10-6
電話=03(6458)1255
営業時間=11時半~14時(L.O.)、18時~21時(L.O.)
※休業日前日は20時(L.O.)
定休日=月曜日・火曜日

Kotaro Hasegawa〈DOWNTOWN CUISINE〉

和の器と箸で食べる
故郷への愛に満ちた料理

 昭和の匂いが漂う新御徒町の佐竹商店街に佇む店。『ラ・フェット ひらまつ』料理長を務めた長谷川幸太郎さんが、「若者よ故郷へ帰れ」という、フェルナン・ポワン氏の言葉に打たれ、今春、生まれ育った街に店を開いた。和の器に盛った料理を箸で食べるスタイルは、地元の人々にも気兼ねなくフランス料理を楽しんでほしいと願う長谷川さんの優しさが現れている。

 コースは5000円、8000円、1万円(税別)。1万円の料理は8皿構成で、夏の終わりのある日は、九谷焼の皿に盛り付けられたマスのマリネのアミューズから。マスの旨味にシャインマスカットの酸味や2種類のオクラの食感が重なり合って、食欲が刺激される一皿。

 2皿目は、蓋付き小鉢に入れられた、ウニ、 ブールブラン、枝豆、ホタテのひもでとったフォンによる茶碗蒸し。やさしい旨味が広がって、気分が穏やかになる。

 続いて、塗りの木板に盛られた鮎の料理。鮎のムースを抱いた鮎を、カダイフをまぶして揚げてある。きゅうり花山椒添え。名残を迎える鮎の繊細な香りを伝える。

 次は、棒を持って齧る〝フレンチドッグ〟。フォアグラとシャンピニオンデュクセル、鶏のムースを合わせたものを衣をつけて揚げ、マデラソースが添えられている。

 朱塗り椀に入れられた、茄子と和歌山産ホウボウのヴァン・ジョーヌソース。キレのいいソースの酸味が魚の甘みを生かす。

 錦手の皿に盛ったニュージーランド仔羊のプレ・サレ。ハーブを乾燥させてパウダーにしたパン粉を塗って焼かれている。

 最後は、ブラン・マンジェ、桃のコンポート、富良野のメロンコンポート煮汁のグラニテのデザート。

●Kotaro Hasegawa 〈DOWNTOWN CUISINE〉 
東京都台東区台東4-2-11
電話=03(5826)8663
営業時間=18時~20時半(L.O.)
定休日=日曜日・祝日・不定休有り