2019年4月号 情報区

銀座吉兆
春先の疲れをとる
山菜の苦味を盛った献立

苦味には冬の体から春の体へとスムーズに変えてくれる働きがあり、冬眠から目覚めたクマが最初に口にするのは蕗の薹とも言われている。『銀座吉兆』では、春の食材を美味しく食べる献立「春の皿には苦味を盛って」32,400円(税込み・サ別)を、4月21日(日)まで提供。
「膳菜」は、鯛白子キャビア・鯛桜寿司・蛤ちり酢の桜八寸盛合せで始まり、「お椀」は、筍若布椀・新バチ子、又は、鯛しゃぶ・新玉葱若布、「造り」盛り合せと続く。「箸休」に蕗の薹田楽、「焼物」は、稚鮎焼揚げ・たらの芽天ぷら、又は、春ます木の芽焼。「焚合」のあと、「御飯」は、白魚山菜なべ・白釜御飯、又は、筍御飯・黒毛和牛ローストビーフ添えとなる。
掘り炬燵和室(2~3名)、椅子席3室、ホール席は貸切も可。
●お問い合わせ・ご予約
銀座吉兆
Tel 03-3535-1177

オハヨー乳業
「ロイテリヨーグルト」
リニューアルし全国発売

歯ぐきを健康に保つ機能がある、2億個の生きたロイテリ菌が含まれた、日本初の“口内フローラ”に寄与する機能性表示食品「ロイテリヨーグルト」(162円)。関東・甲信越を含む11都県で展開してきた本品が、今春から販売エリアを全国に拡大、あわせてパッケージと内容をリニューアル。生乳を使用、香料・安定剤不使用のシンプルな配合はそのままに、ミルク本来の風味を活かし、よりスッキリとした味わいに。歯に優しいキシリトールの穏やかな甘さも特長。
●お問い合わせ
オハヨー乳業
Tel 0120-084309

サントリー
世界5大ウイスキーを
1杯で楽しめる「碧Ao(アオ)」

SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」(5,400円/700?)を4月16日(火)から全国で数量限定新発売。サントリーグループが有する、世界5大ウイスキー産地(アイルランド・スコットランド・アメリカ・カナダ・日本)の自社蒸溜所で造られた原酒を日本でブレンド。甘く華やかな香りとまろやかな口当たりながら厚みのある味わい。世界5大ウイスキーの個性が織り成す、複雑で豊かな香味の変化を楽しめる。
●お問い合わせ
サントリー お客様センター
Tel 0120-139-310

湖池屋
一年中食べられる
「じゃがいも心地」

独特の厚みとサクサクとした心地よい食感で、じゃがいもの素材の味わいを楽しめるポテトチップス「じゃがいも心地」。「オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」「じゃがいもの味を深める香り立ち醤油味」「富良野産生乳の絶妙バター」(各オープン価格)。昨年の秋冬限定発売だった3品が、多くの継続希望の声に応えて今春より通年販売に。“一年中食べられる「じゃがいも心地」”としてスタートした。
●お問い合わせ
湖池屋 お客様センター
Tel 0120-941-751(平日9時~17時)

キユーピー
世界包装機構主催
「ワールドスター賞」受賞

「キユーピー ドレッシング」の180?容器が、「ワールドスターコンテスト2019」フード部門にて、「ワールドスター賞」を受賞。世界の優れたパッケージとその技術を普及することを目的としたコンテストで、「軽さ」「開けやすさ」「注ぎやすさ」「分別しやすさ」が評価された。容器を軽量化することで、原料調達・製造・輸送までにおいて、温室効果ガスを約20%削減するなど、環境にも配慮されている。
●お問い合わせ
キユーピー お客様相談室
Tel 0120-14-1122

溜池山王聘珍樓
春の薬膳セミナー
申し込み開始

年4回開催される人気の薬膳セミナー。講師は国際中医師の大田ゆう子氏。中国伝統医療に基づいた食養生の知恵を学び、テーマに沿った料理を味わう。春は急激な季節変化で心身の状態もバランスが乱れやすくなるので、薬膳で「気」を整えたい。  
 『溜池山王聘珍樓』での開催は、4月6日(土)12時と18時、20日(土)12時スタートの3回。参加料はお一人12,000円。横濱本店、大阪店でも開催される。
●お問い合わせ・お申し込み
溜池山王聘珍樓
Tel 03-3593-7322

川原町 泉屋
名物「鮎らーめん」
都内で初の実演販売

岐阜・長良川の鮎料理で人気の『川原町 泉屋』が、都内で「炭火焼・鮎らーめん」(1,250円)を実演販売する。上湯に和の一番出汁をブレンドし、鮎焼きほぐしと香味油、天然鮎の魚醤を加えたスープが自慢。麺は、京都『麺屋棣鄂』の中細麺。備長炭で焼いた天日干しの鮎のひらきが丼に。期間は、4月15日(月)~19日(金) 10時~18時。『むぎくらべ』(千代田区神田小川町2-1-1)にて。
●お問い合わせ
川原町 泉屋
Tel 058-263-6788

中川政七商店
ルミネ北千住店
オープン

1716年創業の奈良の老舗、(株)中川政七商店。“暮らしの道具”をコンセプトに展開する、社名を冠した生活雑貨ブランド『中川政七商店』の38 店舗目となる店が、駅に直結した『ルミネ北千住』4階にオープンした。台所の道具や季節のしつらい、服飾など、日本各地に受け継がれてきた職人の技や想い、暮らしの知恵が息づく約1,200点の品々を展開。毎日の暮らしが楽しくなるアイテムが揃う。
●お問い合わせ
中川政七商店 ルミネ北千住店
Tel 03-6812-0830

2019年3月号 情報区

銀座『芝濱』
3月の献立
桜鯛と旬の素材が満載

吟味した鯛を使った料理が好評の銀座『千客万来 芝濱』。
この時季、旬の食材を盛り込んだ、夜の「おまかせコース」(10,000円~15,000円)がおすすめ。献立は、「鯛のお造り」から始まり、メインを「ブランド豚の炭火焼」「牛ひれの炭火焼」「フカヒレの姿煮」から選べ、最後の〆は「鯛ごはん」。3月には桜鯛や旬の山菜が加わる。
昼は、同店の名物「鯛天茶」で〆る「旬の天婦羅コース」6品3,500円~、座布団のような玉子焼の下に穴子をしのばせた「穴子おざぶ丼」2,500円(共に前日までに要予約)、鯛の魅力を堪能する「鯛づくし膳」2,000円、予算や要望に応じて「昼懐石」5,000円~も用意される。
カウンター席のほか、会食や接待に利用できる個室(3室/4~10名)もある。
●お問い合わせ・ご予約
千客万来 芝濱
Tel 03-6278-0488

キユーピー
100周年企画
地元ならではの味7品

キユーピー創業100周年を記念したマヨネーズタイプ調味料を、エリア・数量限定でこの春に発売する(各303円)。北海道、東北、関東・甲信越、東海・北陸、関西、中国・四国、九州・沖縄、それぞれの地元を象徴する料理や食材に合うように、各エリアの従業員と商品開発・研究開発部門がプロジェクトを結成し、味とメニューを考案。例えば、北海道の「バター醤油ソース&マヨ」、東北の「魚介醤油だれ&マヨ」など、7エリアから各1品全7品がラインナップする。
●お問い合わせ
キユーピー お客様相談室
Tel 0120-14-1122

サントリー
「ヴュー パープ フランス」
3月5日(火)より新発売

1935年発売以降、フランスで親しまれてきたロングセラーブランド「ヴュー パープ」。日本では2001年より発売を開始。今回、中味・パッケージを全面リニューアルし、「ヴュー パープ フランス」として全国で新発売。ラベルは80年前から続く紋章を背景にデザイン。赤は、まろやかな果実味と優しい酸味、軽やかなタンニンを強化。白は、柔らかな果実味とフレッシュな酸味が感じられる味わい。
●お問い合わせ
サントリー お客様センター
Tel 0120-139-380

湖池屋
32年ぶりのリニューアル
新「スコーン」3種

1987年発売のロングセラー「スコーン」を刷新し、新パッケージで「憧れのクアトロチーズ」、「がっつきバーベキュー」、「どはまり濃いもろこし」(各オープン価格)を新発売。初のリニューアルとなる。生地にスイートコーンパウダーを練り込み、とうもろこしの香ばしさが口に広がり、「カリッ」「ザクッ」とした食感や食べごたえ感もアップした。
●お問い合わせ
湖池屋 お客様センター
Tel 0120-941-751(平日9時~17時)
https://sucorn.academy/

『ラ・ブリアンツァ』
日本橋髙島屋S.C.に
フォカッチャ専門店

六本木『ラ・ブリアンツァ』が、イタリア・リグーリア州レッコ村の郷土料理「フォカッチャ・ディ・レッコ」の専門店を『日本橋高島屋S.C.』新館6階に開業。イタリアの小麦粉、リグーリア州産のエキストラバージンオリーブオイルと水のみで作った生地で、レッコ村産ストラッキーノチーズを挟んだごく薄い「フォカッチャ・ディ・レッコ」と、約15種の郷土料理のビュッフェがセットで4,104円~。
●お問い合わせ・ご予約
フォカッチェリア ラ ブリアンツァ
Tel 03-5542-1170

銀座『玉木』
お箸でフレンチ
3月のメニュー

くつろいで気軽にフレンチを楽しんでほしいと、オーナーシェフ玉木裕氏はテーブルに箸を添えている。春になると定番の蛤のナージュや新玉葱のスープが登場。桜鱒や菜の花、ホタルイカなどがメニューに載る。和の素材をさりげなくフレンチにするばかりでなく、定番の神戸牛をじっくり煮込んだビーフシチュー、タンシチューも外せない。ランチ3,000円~(金・土のみ)、ディナー8,000円~。
●お問い合わせ・ご予約
玉木
Tel 03-6252-9381

加来耕三氏新刊
日本史の勝者に学ぶ
気くばりは最強の武器

加来耕三氏新刊『日本史に学ぶ一流の気くばり』(1,382円)。日本史の勝者に共通するのは、周りへの気くばりが徹底していたこと。秀吉も家康も人間関係こそが大切と考え、結果、多くの味方を得て大業を成し遂げていった。人間関係が難しく、気くばりが重要性を増す現代社会において、チームをまとめる立場の人から、職場の人間関係で悩む人まで、参考になる偉人たちの行動・考え方・姿勢が満載。
●お問い合わせ
クロスメディア・パブリッシング
Tel 03-5413-3140

『和久傳ノ森』内
安野光雅館にて
原画展開催

『和久傳』創業の地に誕生した『和久傳ノ森』内に、一昨年6月に開館した『森の中の家 安野光雅館』は、安藤忠雄氏設計による美術館。同館にて3月4日(月)まで「安野光雅が描く物語の世界」を開催中。また、3月6日(水)から6月3日(月)までは、最新作の「メアリ・ポピンズ 原画展」を開催予定。入館料1,000円(一般)。
●お問い合わせ
森の中の家 安野光雅館
京都府京丹後市久美浜町谷764
Tel 0772-84-9901
https://mori.wakuden.kyoto/