2018年10月号 情報区

加賀料理「赤坂浅田」
日本橋と大手町に
新店舗オープン

1867年金沢市で旅籠「浅田」を創業、その後1971年「赤坂浅田」を開業し、続いて青山、名古屋と、加賀料理の魅力を伝え、名声を博してきた同店が、今年9月、都内に新しく二店舗をオープンした。
9月13日(木)、三井ガーデンホテル日本橋プレミア9階(中央区日本橋3-4-4)にオープンした「日本橋浅田」は、5つの椅子席の個室とカウンター席を備え、外に広がる風景を眺めながらゆったりと料理を楽しめる。本格BAR「松」も併設。ホテルでの開業に伴い、和洋の朝食も提供される。 続いて9月25日(火)、大手町プレイス2階(千代田区大手町2-3-1)に、3部屋の座敷(掘り炬燵)とテーブル個室1部屋を備えた「大手町浅田」が開業。「赤坂浅田」同様、大切な方との会食や接待に最適な、料亭のもてなしと、北陸の旬の食材を用いた加賀料理を堪能できる。
■老四川 飄香 小院
東京都港区六本木6-10-1 ウエストウォーク5F
ランチ:11時~14時半(L.O.)
ディナー:17時~21時(L.O.)

●お問い合わせ・ご予約
日本橋浅田 TEL 03-5542-1700
大手町浅田 TEL 03-6262-1218

和食文化国民会議監修
和食の基礎知識が
1冊でわかる『和食手帖』

『和食手帖』(1,620円)が思文閣出版より上梓された。手軽な新書版サイズの中に、和食[大饗料理/本膳料理/懐石料理/会席料理/日常食]の定義や歴史から、食事マナー、食材の特徴、日常食で用いる道具や調理法、出汁の取り方、盛り付け、日本各地の食まで、コンパクトに説明された充実の内容。イラスト付き、オールカラーで分かりやすく、和食について知りたくなった時に開くと、教養から実践のための知識まで幅広い情報を与えてくれる。ミニ事典として、手元に置いておきたい1冊だ。

●お問い合わせ
思文閣出版
TEL 075-533-6860>

東京銀座資生堂ビル10階
新生「ファロ」
グランドオープン

改装休業していた「ファロ資生堂」が、10月1日(月)、新生「ファロ」として始動。イタリアで20年にわたり第一線で活躍中の能田耕太郎シェフが率いるチームによる、クリエイティブなセンスと技術、日本の食材とを組み合わせた料理を、昼夜共にコースメニューで提供。ランチ(4品~)8,000円、ディナー(10品~)20,000円。税込・サ別。

●お問い合わせ・ご予約
FARO(ファロ)
[定休日]日曜日・祝日・夏季・年末年始
[営業時間]12時~13時半(L.O.)、18時~20時半(L.O.)
TEL 03-3572-3911

湖池屋 ドンタコス
甘じょっぱさが癖になる
ハニーマスタード味

とうもろこしを丸ごとすりつぶし、パリッと焼き揚げた香ばしいトルティアチップス「ドンタコス」に、「ハニーマスタード味」と、コンビニ限定「ハニーマスタード味 80g」(共にオープン価格)が新発売。“もっと多くの女性に食べてもらいたい”と、『女性のおつまみ』をテーマに開発。マイルドな辛みのマスタードに、チキンや野菜の旨みを隠し味に加えた「ハニーマスタード味」は、“甘じょっぱさ”が癖になる、料理のような深い味わい。

●お問い合わせ
湖池屋 お客様センター
TEL 0120-941-751(平日9時~17時)

限定ウイスキー第3弾
「ザ・マッカラン
エディション No.3」発売

サントリースピリッツは、スコットランドのシングルモルトウイスキー「ザ・マッカラン エディション No.3」(700ml/16,200円)を、10月23日(火)から全国で数量限定新発売する。1824年に設立された伝統ある蒸溜所「ザ・マッカラン」が所有する、素材や容量の異なる6種類の樽の原酒をヴァッティングした限定ウイスキーの第3弾。バニラやシナモンを思わせる香り、フルーティな味わい、長く続く余韻が特長となっている。

●お問い合わせ
サントリーお客様センター
TEL 0120-139-310

ハウス食品グループ
毎日の食事で摂取する
乳酸菌L-137

ハウス食品グループは、「なれずし」から発見された乳酸菌L-137を長年にわたり研究。この乳酸菌L-137を加熱処理により、乳酸菌の品質を安定化し、様々な食事や飲み物で摂れるようにした「まもり高める乳酸菌L-137シリーズ」の発売を始めた。その中から、「まもり高める乳酸菌L-137 ドリンク」(ヨーグルト風味)120ml×30本入りを、読者5名にプレゼント。ご希望の方はハガキまたはメールで本誌編集部まで。応募多数の場合は抽選にて当選者に商品を発送。

●ご応募
味の手帖 mail@ajinotecho.co.jp/

銀座 芝濱
松茸と秋の素材が満載
10月のおすすめ料理

全国の産地から吟味した鯛で仕立てた「鯛ごはん」で締める、夜の定番「おまかせコース」(10,000円~)が人気の「千客万来 芝濱」。秋の便りが聞こえてくるこの時季に入荷する恒例の松茸をはじめ、旬の食材がコースに組み込まれる。

昼は「旬の天婦羅コース」(6品・3,000円~:前日までに要予約)や、名物「鯛天茶」が味わえる「鯛づくし膳」(1,800円)他、気軽な集いに「昼懐石」(5,000円~)もぜひ。

●お問い合わせ・ご予約
千客万来 芝濱
TEL 03-6278-0488
http://www.ginza-shibahama.jp/

30人超の執筆者による
日めくりカレンダー
2019年版

日めくりカレンダーの第7弾。365の旬の“美味しい”素材コラムと、宗誠二郎氏による描き下ろしイラスト。例年の執筆陣に、「東京??兆」湯木俊治氏、「バードランド」和田利弘氏、「資生堂パーラー」井上直久総調理長、「新宿・京懐石 柿傳」安田眞一氏ら食のプロを新たに迎え、総勢30数名による充実したコラムとなった。クリスマスやお歳暮、海外へのお土産にも最適。
[本体]文庫本サイズ1穴リング綴
[価格]3,240円(税込・送料別)

●お問い合わせ・お申し込み
味の手帖カレンダー専用サイト
http://www.ajinocalendar.net/

2018年9月号 情報区

中國菜 老四川 飄香
井桁良樹シェフの新店
六本木ヒルズにオープン」

伝統的な“オールド四川”を生かしながら現代風にアレンジし、野菜をふんだんに使って優しく仕上げる、井桁良樹シェフのスタイルが人気の「中國菜 老四川 飄香」。麻布十番本店、三越銀座店に続いて、9月13日(木)、六本木ヒルズウエストウォーク5Fに「老四川(ラオシセン) 飄(ピャオシャン)香(ピャオシャン) 小院(シャオイン)」がオープン。アラカルトメニューを中心に、数々の四川名菜を提供する。四川料理の本場、成都屈指の名店「松雲澤」に入門し、さらに研鑽を積んで帰国した井桁シェフがどのような料理を発信するのか楽しみだ。
なお、オープン準備のため、麻布十番本店は9月10日(月)~17日(月)臨時休業となる。
■老四川 飄香 小院
東京都港区六本木6-10-1 ウエストウォーク5F
ランチ:11時~14時半(L.O.)
ディナー:17時~21時(L.O.)

●お問い合わせ・ご予約
03-6426-5664(飄香本店)
http://www.piao-xiang.com

DEAN & DELUCA
日本上陸15周年記念
「うつわ」展開催

 DEAN&DELUCAが、20人の日本の作家によるうつわ展『はたらく器、おいしい皿。2018』を、9月25日(火)~10月1日(月)六本木店、10月9日(火)~18日(木)福岡店で開催。9月25日(火)~10月31日(水)オンラインでも販売。一点ものと出合えるチャンスだ。また、9月23日(日)12:00~THE ARTISAN TABLE・DEAN & DELUCAで『吉田直嗣さんの白と黒のうつわでいただく休日ブランチ』(10,800円)、10月9日(火)19:00~DEAN & DELUCA 福岡で『京都「なる屋」上嶋良太シェフとうつわを楽しむ一夜ディナー』(8,640円)のイベントも開催する。

●お問い合わせ
http://www.deandeluca.co.jp

ワンダーテーブル
上質な国産赤身肉を提供
「短角牛」プロジェクト

(株)ワンダーテーブルは2015年より短角牛の仔牛を岩手県山形町で飼育し、同社の各レストランで提供する取り組みを行っている。3年経ち同社が目指す赤身肉の状態となったため、「ユニオン スクエア トウキョウ」のステーキ、「オービカ モッツァレラバー」六本木ヒルズ店・高輪店でハンバーガーで提供を始めた。今年秋にしゃぶしゃぶ・すき焼き「モーモーパラダイス」歌舞伎町本店、来年春にシュラスコ「バルバッコア」丸の内店でも提供を開始する予定。

●お問い合わせ
(株)ワンダーテーブル
http://www.wondertable.com

キユーピー サラダクラブ
「素材パウチ」シリーズ
「3種の麦ミックス」発売

豆や雑穀は、健康的で食べごたえのある素材として人気が高まっている。サラダクラブ「素材パウチ」は、一食使い切りで、袋から出してそのままサラダのトッピングやスープの具材として使用できる、豆や雑穀、オリーブ、ツナなどの素材シリーズ。新発売の「3種の麦ミックス(キヌアと黒米入り)」は、もち麦・押麦・オーツ麦に、キヌア、黒米の組み合わせ。メインのもち麦は糖質の吸収を抑えるβ-グルカン(水溶性食物繊維)を多く含む近年注目の素材。

●お問い合わせ
キユーピー
TEL 0120-14-1122

サントリー
津軽産ワイン
コンクールで金賞受賞

国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、日本ワインの個性や地位を高めることを目的とした「日本ワインコンクール2018」において、「サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2017」が、2015、2016ヴィンテージに続き3年連続で金賞を受賞。青森県津軽地区産ソーヴィニヨン・ブランを100%使用し、青リンゴを思わせる爽やかな香り、しっかりとした果実味と程良い酸味が特長。

●お問い合わせ
サントリー tel 0120-139-380
http://suntory.jp/NIHON/

KOIKEYA PRIDE POTATO
天ぷらサクサク食感
「海老のかき揚げ」発売

日本が世界に誇る和食をポテトチップスで表現した「KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩」に続く“天ぷらサクサク食感”シリーズの第2弾、「海老のかき揚げ」(オープン価格)が、全国コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで新発売された。桜海老と甘海老の濃厚な旨みがサクッと砕けるような食感とともに口の中に広がり、程良い塩味と海老の香ばしさの余韻を感じさせる、まるでかき揚げのような食べ心地に仕上がっている。

●お問い合わせ
湖池屋 お客様センター
TEL 0120-941-751(平日9時~17時)

Turandot臥龍居
軽食が楽しめる
セルフ式テラス席新設

手早く昼食を済ませたい時など、テイクアウトの料理は重宝する。それが名店の厨房で作られた料理であれば、うれしいものだ。赤坂「Turandot臥龍居」の屋外のテラス席で、軽食の利用ができるようになった。セルフ方式の券売機で購入できる手軽なもので、昼は定番の麻婆豆腐を中心におかずが入ったランチボックス(700円~)、麺だけでも利用可能。夜は、ビールと餃子、点心でカジュアルに楽しめる場となっている。

●お問い合わせ
Turandot臥龍居
TEL 03-3568-7190

聘珍樓の中秋月餅
月を愛でながら
家族の幸せを願う

聘珍樓は9月24日の中秋節に合わせ、あんの中に満月に見立てたアヒルの塩卵が入った、中国の伝統レシピで作り上げる秋季限定広東月餅「蛋黄蓮蓉月餅」(蓮の実あん:1,350円)と、「蛋黄豆沙月餅」(黒あん:1,188円)の2種を、お月見をデザインした中秋節限定ギフト缶入で9月8日(土)から発売する。聘珍樓レストラン・聘珍茶寮全店、百貨店内聘珍樓全店舗、聘珍樓通販サイト・聘珍ショッパーズにて。

●お問い合わせ・ご注文
聘珍樓 聘珍ショッパーズ
TEL 0120-886-629
http://www.heichin.com

2018年8月号 情報区

銀座吉兆
夏を乗り切る特別献立
「納涼スタミナ懐石」

昨年の夏に好評を博した、銀座??兆の「酷暑を乗り切る特別献立」が今年も登場。7月24日(火)~9月2日(日)の期間限定で「納涼スタミナ懐石」を提供する。
口開けは、焼石の上で車海老や烏賊の酒盗風味を好みの加減で焼く「魚介の石焼」。お椀は、「鮑と玉子豆腐」もしくは「夏鴨叩き寄せ」。夏魚の鱧は、温かみを残した切り落としを梅肉山葵醤油で。続く焼物は、「鰻白焼??兆風」もしくは「黒毛和牛サーロインつけ焼」。最後の御飯は、「すっぽん土鍋御飯」もしくは天然鮎塩焼を炊き込んだ「鮎御飯」。あっさり締めたい方には「蒸し鮑と冷麦」の用意もある。
価格はお一人様27,000円(税込・サービス料別)。当日予約も可能。精のつく料理で暑気払いをぜひ。
※8月13日(月)~16日(木)は夏季休業。17日(金)は夜のみの営業。

●お問い合わせ・ご予約
銀座吉兆
TEL 03-3535-1177
https://www.kitcho.com/tokyo

後藤加寿子氏
和食文化を伝える
著書2冊刊行

茶道武者小路千家十三世家元有隣斎と千澄子氏の長女として生まれ、本格的な懐石料理を家庭に取り入れながら和食文化を伝える料理研究家、後藤加寿子氏の著書。
『和食のおさらい事典』(光文社)では、だしを冷凍保存したり、だしパックを利用す
るなど、忙しい毎日に役立つアイデアを提案。食育の基本からマナー、レシピまで親子で和食を学べる一冊。『後藤加寿子のおせち料理』(文化出版局)は、おせちの基本レシピやお重の盛り付け方などが丁寧に写真付で解説されている。共に1,944円。●お問い合わせ
光文社  TEL 03-5395-8172
文化出版局 TEL 03-3299-2540

銀座Sun-mi高松
フランス料理 エミュの
グルメセット

老舗の味が家庭で楽しめる、サンミオリジナルギフト「フランス料理エミュのグルメ3点セット」(8,640円)。10日間かけて作るデミグラスソースを使った、黒毛和牛ビーフシチュー×2人前、黒毛和牛ハンバーグステーキ×3人前、黒毛和牛ローストビーフ×2人前の真空パック。その他「黒毛和牛サーロインステーキ」(160g×5枚12,960円)、「黒毛和牛サーロインすき焼き」(800g12,960円)、「焼き肉セット」(800g8,640円)など。送料別。
●お問い合わせ・ご注文
銀座Sun-mi高松本店
TEL 03-5568-3300

銀座ドンピエール
フレンチのシェフが作る
カレーギフトセット

銀座で30年以上続く老舗フレンチ「レストランドンピエール銀座本店」。多くのメディアで紹介される極上の黒毛和牛ビーフカレーと、旨味とコクが特徴の黒毛和牛ハヤシのギフトセットが通販で購入できる。「黒毛和牛ビーフカレー」(冷凍・4袋5,616円)、「黒毛和牛ビーフカレー&黒毛和牛ビーフハヤシアソートセット」(冷凍・各2袋6,048円)、レトルトの「匠肉(たくみにく)ビーフカレー」(常温・4箱3,240円)など。送料無料。

●お問い合わせ・ご注文
ドンピエール受注センター
TEL 03-4405-3509
http://www.dompierre.tokyo/

銀座 ア・ニュ
フレンチと中国茶の
コラボイベント開催

「GINZA SIX」13階に昨年オープンし、人気を博しているフランス料理店「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」で、8月20日(月)・21日(火)の両日12時から、ランチイベントを開催。京都の白川疎水沿いにある「銀月サロン」の中国茶ソムリエ、中国国家茶芸師・評茶員の高田小絵子氏を迎え、簑原祐一シェフによるフレンチと中国茶のペアリングが楽しめる。参加費はお一人様14,000円(料理ドリンク代・税・サービス料込)。ご予約はお電話で。

●お問い合わせ・ご予約
ロムデュタン シニエ ア・ニュ
TEL 03-6263-9773(水曜定休)

カツとカレーの店
「ジーエスG.S with旬香亭」
虎ノ門にオープン

静岡「旬香亭」斎藤元志郞氏がプロデュースしたカツとカレーの店が、虎ノ門にオープン。店名のジーエスは氏のイニシャルから。東京目白店や神田の姉妹店「ポンチ軒」で評判のカツをキャベツの千切りと盛り込んだ「カツカレー」1,300円。他に「チキンカレー」1,100円、「ロースカツセット」1,000円、夕方から「カツ皿」900円などを提供。

●お問い合わせ・ご予約
ジーエスG.S with旬香亭
東京都港区虎ノ門1-8-4
営業時間:11時~15時、17時~売切れ仕舞/定休日:日曜・祝日
TEL 03-6550-8141

ダイナースクラブ協賛
多様なフランス料理を
気軽に楽しむ17日間催

国内最大級のフランス料理イベント「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2018」が、9月22日(土)~10月8日(月・祝)に開催。全国600店以上の参加フレンチレストランで、ランチ2,500円または5,000円、ディナー5,000円の一律価格でのスペシャルコースメニューを提供(いずれも税・サ込)。今年は「トレ・ボン!日本のテロワール」をテーマに、各地の“和食材”を各店のシェフが取り上げ、フランス料理に仕上げる。

●お問い合わせ・お申し込み
フランス レストランウィーク事務局
https://francerestaurantweek.com/

森岡梨(あり)氏 レシピ本
おいしいお菓子を生む
レシピとおしゃれな形

青山の焼き菓子店「A.R.I.」を昨年閉店し、教室や期間限定の菓子販売等で活動中の森岡梨氏が『A.R.I.のお菓子のデザイン』(1,620円)を上梓。アートディレクションには本誌でお馴染みの藤枝リュウジ氏が参加。コーヒーケーキ、マフィンなど、7タイプの菓子からそれぞれのバリエーションを紹介。「完成形をイメージしてから作り始めると仕上がりに断然差が出る」という森岡氏が、おいしい味を生むレシピとおしゃれな形の理由を紹介。

●お問い合わせ
文化出版局
TEL 03-3299-2540