立松 典子

百貨店勤務

オステリアタッキーニ
どんな時も温かく迎えてくれる大好きな隠れ家レストラン

 完熟トマトソースと自家製パンチェッタをたっぷりと使ったソースが、少し太めのパスタによく絡む。私が大好きな定番メニューの一つ「アマトリチャーナ」。そして、低温でじっくり焼き上げた北海道産「奄夢豚(あまむぶた)」は噛むほどに豚の甘みが口に広がり、ジューシーさがたまらない。周りに添えた道産の季節野菜は、豚に合わせてそれぞれ調理法が変えられておりシェフのセンスが光る一品だ。手が込んでいるのに食べ疲れしない。どこか無骨でちょっと田舎臭い。楽しかった昨年のイタリア旅行が蘇る。

 ここは札幌の中心地すすきののオステリア。いつも人懐っこい笑顔で迎えてくれるサービスの女性。カウンター越しにオープンキッチンを覗くと、いかにも「美味しい料理を作ります!」と言わんばかりの体格の良いシェフがニコニコしながら挨拶をしてくれる。家ではないのに「ただいま」と言いたくなるこの雰囲気がたまらない。

 菊地高章シェフは北海道出身で、東京の有名店で十年、本場イタリアでも数年修業を積み、夢だった地元でのレストランオープンのため戻ってきたという、生粋の「道産子」だ。今年の五月にオープンしたばかりだが、札幌のグルメ雑誌や美味しいもの好きに知られるお店になってきている。

 隠れ家だけに周りに教えるのは控え気味にしているが、もちろん、大切な友人や家族、恋人を誘うこともある。そんな時は旬の北海道の食材をふんだんに使ったバランスのよい構成のコースを楽しむ。季節ごとにガラリと変わるのが魅力的。

 一人ふらりと立ち寄る際は、アラカルトから二、三皿をチョイス。食べたい物が多すぎて毎度黒板とにらめっこ。お願いすると量を少なめにしていただけるのも嬉しい計らいである。明るくおしゃべり上手なシェフと、会話をしながら料理ができあがるまで過ごすワインタイムが楽しみな時間だ。

 先日は、本州から訪ねてきた妹と一歳になったばかりの甥っ子を連れて伺ったが、甥っ子に出してくれた季節野菜のリゾットにびっくり。これほど丁寧に用意していただけるとは。大人でも食べたくなる美味しさ。もちろん甥っ子はペロリと完食! 子供が一番正直かもしれない。

 サプライズの演出も相談に乗ってくださるので、嬉しいヒストリーが温かいこの場所でたくさん生まれることを期待している。どんな時も温かく迎えてくれる「オステリアタッキーニ」は、大切な人たちを連れて行きたくなる私の大好きな隠れ家レストランなのだ。

北海道札幌市中央区南四条西二丁目 セントラルS4ビル4階
TEL 011(206)6969