中西 悠

「子供地球基金」理事

アクイロット
待望のトラットリア 日吉にあらわる

 大好きな仲良し家族の住む日吉に、待望の本格トラットリアがオープンした。店の名前は「アクイロット」、イタリア語で鷲のヒナという意味らしい。仲良し家族曰く、工藤シェフは独立以前から料理人として凄腕、しかも男前で有名だったとか。

 学生さんの行き交う穏やかな商店街の先にあるレストランまで、日吉駅から徒歩三分。まるでイタリアの田舎に来たようなセンスの効いた「アクイロット」は突如目の前にあらわる。地下の酒蔵、隠れ家とも言える雰囲気を醸し出す外観や内装に、誰もが中を覗きたくなるだろう。

 季節は春を迎え、肉厚な天然鰆のカルパッチョ、フランス産ホワイトアスパラガス、つぶ貝のマリネと春野菜など、メニューはすっかり華やいでいた。ホワイトアスパラガスは、半熟温泉卵とゴルゴンゾーラソースでいただく温かい前菜。自家製のパンをちぎって皿に余ったゴルゴンゾーラソースを惜しみなくすくって平らげた。

 仲良し家族はこの店の常連なだけに、定番のカルボナーラを勧めてくれた。濃厚でありながらあっさりとしたソースにパスタがよく絡み、フォークが止まらず心がウキウキする。お代わりしたいぐらい気に入ったのは、ピリッとした辛さと苦みが特徴のハーブ、ルーコラとセルバチコのサラダ。ドレッシングは強めの大人な酸味。白ワインによく合う。

 パスタ好きな我々は、ニンニクの程よく利いた生桜海老のペペロンチーノもあっという間に平らげて、肉料理に走りだした。宮崎和牛フィレ肉のビステッカと迷ったあげく、黒毛和牛すね肉の赤ワイン煮を注文。時間をかけて煮込まれたすね肉の、コラーゲンがゼラチン化した食感を存分に楽しみ、赤ワインと最高の相性でトロトロと口の中で溶けてゆく。

 気に入ったワインボトルを持ち込みたい場合は、持ち込み料を支払えばOKである。とは言え、「アクイロット」自慢のワインセラーには気軽に飲めるものから、特別な一本までしっかりと揃っているらしい。親切で気さくに話しかけてくれるソムリエやシェフが、我ら食いしん坊の味方となっていろいろ教えてくれるので、頼ってしまえばいい。

 日吉にあらわれた本格トラットリア、この夏も心躍る一軒である。

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-14 グレストビル1階
TEL 045(534)7714